log of the Frontier Design

infinity 0 ground-sat
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 126085000 | main | 防水。 >>

忘れがたし食」ハンバーグ

沸き立つ蒸気、こんがりの表面、ソースと絡み合うジュウジュウの肉汁、ホクホクの肉厚、重量感の有る喉ごし。なんとも言えないあの満腹感。

「ハンバーグはご馳走だ。」

大分別府にあった「洋食屋トリートのハンバーグ」が今回のテーマ。「忘れがたし食/ハンバーグ」

"あった"というのも、今はお店をたたみ無くなってしまったというウワサを聞きました。非常に残念で、二度と口にすることが出来ない思い出の中の美食となってしまったことを悔やみます。

このハンバーグは、2層構造をしており肉と肉の間にラードが敷いてあり、洋食ならでわのあつあつの鉄板の上でラードが熱で溶け出し、ハンバーグの香ばしさと重量感を引き立てます。ソースも絶妙で昔ながらの肉汁ベースのトマト感が非常に肉に合う。香ばしさと、ホクホクの究極のコラボレーション。残念。

東京でも「ハンバーグはご馳走だ。」をテーマに数件回りましたのでその2店を紹介します。


「六本木 ステーキハウスハマ」
http://www.gnavi.co.jp/hama/
ここは、ランチ20?30?食限定のハンバーグ。バブルなセレブなステーキハウスで、何の仕事をしてんだよ。という人たちが集う高級肉屋。1500円ぐらいのランチにしては高いけど、おいしさに比べるとリーズナブルという知らず知らずの間にいつの間にかお金を使ってしまうタイプの人にオススメ。

「麻布十番 牛超」
http://www.otawaragyu.com/azabu/index.html
大田牛という和牛の最高級のステーキの端っこをミンチ(であろうと勝手に思い込んでいる)にしたハンバーグ。最高に美味いが、ステーキが食いたい。ステーキを食べればいいのだがめちゃくちゃ高い。でもハンバーグで満足。

そんな、残念な気持ちになるハンバーグである。


どちらも究極に美味い。美味いが思い出の味に敵わない。

トリートでハンバーグを食べ、鶴の湯に行く。
そんな「忘れがたしハンバーグ」
忘れがたし食 | permalink | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

GW特別企画今だけ天皇賞・春の鉄板激アツ情報を配信中!某有名名手に聞くところ大荒れ必須の天皇賞・春、この奇跡的なチャンスは絶対に逃せない!想像してください。貴方様が伝説の馬券を手にするその時を!
競馬予想 | 2009/05/03 6:24 AM
コメントする